板金塗装について

「修復箇所が廃車まで変わらない板金塗装」とは?!

スカイガレージの目指す板金塗装は「修復箇所が廃車まで変わらない板金塗装」です。

一般的な軽板金ですと、パテを多用し、へこんだ部分に盛りつけているだけの修理が一般的ですが、それでは経年によってパテで埋めた場所が変形したり、場合によっては走行中の衝撃で剥がれたりしてしまいます。


塗装に関しても、パテで埋めた部分を隠すことのみを考えた同パネル内での部分塗装が多く、塗装のつなぎ目が見えてしまうケースも多く見られます。


パテ埋めはあくまで仕上がりのためのスムーサー

私どもは外板部分のパテ埋めはあくまでも仕上がりのためのスムーサーと考えており、まずは鉄板を復元することにより、ヘコミ・歪みを修正して元の状態に近づける修理を行っております。


また、塗装に関しても十分に色合わせを行い、また塗装範囲を大きめに取ることにより遠目でも修復箇所がわからないように塗装致します。

その為修理箇所については外的要因がない限り廃車まで仕上がりが変わりません。



Copyright(c) 2011 SKY GARAGE All Rights Reserved.